食べ物でも改善できる?!まんこが黒ずみやすい人の特徴も!
  • まんこの黒ずみや臭いの原因と正しい解消法
  • まんこの黒ずみをケアする専用の石鹸やクリームには本当に効果があるのか
  • あそこの臭いや黒ずみをケアする注目アイテム厳選口コミランキング!
  1. まんこが黒ずみやすい人の特徴と改善してくれる食べ物

まんこが黒ずみやすい人には特徴がある?
それを改善してくれる食べ物は!

実は日本人はまんこや乳首が黒くなりやすい!?

実は日本人はまんこや乳首が黒くなりやすい!?

生まれつき色白や色黒といった肌の色に違いはありますが、肌が黒いということと黒ずみに関係はありません。また、生まれつきデリケートゾーンの部位に黒ずみがある人はいません。

ただ、黒ずみが出来やすい体質というものはあります。黒ずみの原因になるメラニン色素の量や濃さは、生まれつき決まっていると言われています。

メラノサイトという細胞から成るメラニンは、肌や髪等の色を作っている色素で、肌を守ってくれる役割を果たしています。 刺激や摩擦などによって肌へダメージがあった場合、このメラノサイトが活発に働くことでメラニン色素がどんどん生み出されていきます。

日本人は、メラニン色素の働きが白人に比べて活発で、その結果黒ずみが出来やすいと言われています。また、デリケートゾーンの皮膚は薄く、メラニン色素が活発になりやす部位でもあります。

黒ずみやすさチェックリスト

日本人全てが黒ずみやすいわけではなく、黒ずみにくい人もいれば黒ずみやすい人もいます。メラニン色素の濃さは3パターンに分けられますので下記で確認してみましょう。

肌タイプチェック

肌タイプ 黒ずみやすさ
1 日焼けしても赤くなるだけで黒くならない。
=メラニン色素が薄い。
→デリケートゾーンは淡いピンク色
2 日焼けすると赤くなるが、そのあとに肌が黒くなる。
=日本人として平均的なメラニン色素の濃さ。
→デリケートゾーンは茶色や薄茶色
3 日焼けしても赤くならずすぐに肌が黒くなる。
=メラニン色素が濃い。
→デリケートゾーンは黒ずみやすい色

自分がどのタイプに属するか把握したら生活習慣の見直しをしてみましょう。

黒ずみを作る生活習慣チェック

摩擦

ごしごし洗っていませんか?

きつめの下着やスキニーパンツなどで締め付けて。摩擦を起こしていませんか?

かぶれ

ムレに気をつけていますか?

こまめに生理用品を交換していますか?

炎症

VIOラインの脱毛を自己処理して、肌荒れしていませんか?

乾燥

自己処理による脱毛で乾燥していませんか?

ごしごし洗って必要な保湿成分まで洗い落としてしまっていませんか?

保湿ケアをしていますか?

ホルモンバランス

妊娠していたり、出産の後ではないですか?
(その場合は全く気にする必要がありません!)

晩ご飯を食べる時間が夜中になってしまったりしていませんか?

睡眠はしっかりとれていますか?

生活習慣の中で黒ずみを作ってしまうものがある人は、その習慣を見直すことで、まんこ黒ずみを改善させていきましょう!

まんこの黒ずみを解消してくれる食べ物とは?

まんこの黒ずみを解消してくれる食べ物とは?

デリケートゾーンも肌の一部ですので、黒ずみが出来る仕組みは顔にしみができるのと同じようなものだと思ってください。黒ずみの解消と予防に良い食べ物を摂取して悩みを解決したいですね。

ビタミンC・・・赤ピーマン、黄色ピーマン、アセロラ、ケールなど

活性酸素は色素沈着を起こすので、それを防いでくれるビタミンCをしっかり摂取しましょう。ビタミンCは水溶性のビタミンなので、万が一必要以上に摂取してしまった場合でも、不要なものは尿として排出され体内に残留しないのが安心です。ただ、体に必要な量を確実に吸収するためには、一度にまとめて摂取するのではなく、1日2回、3回とわけて摂るよう心がける必要があります。

タンパク質・・・鶏肉などの肉類、鮭やあさりなどの魚介類、チーズやヨーグルトなどの乳製品など

体内ではタンパク質の分解と合成が絶え間なく続いており、これをターンオーバーと呼びます。皮膚を形成するタンパク質が不足すると、このターンオーバーが上手くいかず、メラニンが体外に排出できなくなり黒ずみの原因となってしまいます。ターンオーバーに必要なタンパク質は動物性と植物性がありますので、偏ることなく双方のタンパク質を摂取するようにしましょう。

まんこの黒ずみに効果的なラヴージュの公式サイトはこちら
関連記事
PAGE TOP