妊娠中にはまんこの黒ずみと臭いが変わりやすい?!その原因と対策!
  • まんこの黒ずみや臭いの原因と正しい解消法
  • まんこの黒ずみをケアする専用の石鹸やクリームには本当に効果があるのか
  • あそこの臭いや黒ずみをケアする注目アイテム厳選口コミランキング!
  1. 妊娠中のまんこの黒ずみと臭いの原因と対策は?

まんこの黒ずみと臭い、妊娠中の原因と対策は?

まんこや脇、乳首が黒ずむ原因はホルモンバランスにあった!

まんこや脇、乳首が黒ずむ原因はホルモンバランスにあった!

妊娠すると、女性の体は胎児を育てるための最適な環境を整えようとホルモンバランスが大きく変化します。妊娠するとまんこや脇、乳首が黒ずむのは、このホルモンバランスの変化によるものです。

妊娠20週ごろから、エストロゲンとプロテスゲンというホルモンが増え始めます。この変化により、肌を黒くするメラニンの分泌も促進されます。

メラニン色素は紫外線から肌を守ってくれる働きもあるのですが、色素沈着も起こしてしまいます。ホルモンバランスが安定するまでは、妊娠中だけでなく、産後もシミやそばかすが出来やすい状態になります。

また、デリケートゾーンや脇、乳首も黒ずんできます。なせなら、この3カ所はもともとメラニン色素も多い部位であるだけでなく、皮膚が薄いので黒ずみやすく色素沈着しやすいからです。

このまま放っておいても大丈夫?

痒みや痛みなどの不快感で悩まされているわけではないのであれば、黒ずみは放っておいても大丈夫です。産後の食生活や母乳で育児をするかどうかなどで多少時期の違いはありますが、ホルモンバランスが自然に戻るのと同様に肌も戻っていきます。

ただ、ビタミンやタンパク質などが不足していたり、下着などで擦れて摩擦が続いたりすると黒ずみが消えにくくなってしまうことがあります。 ビタミンやタンパク質は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)に大きな影響力を持っています。バランスの良い食生活が、産後の黒ずみ解消には効果的です。

また、自己流で産後の骨盤矯正をしようとして、小さめの下着を着用して摩擦を強くしてしまうことのないようしましょう。身体に優しい食生活や下着選びだけでなく、乾燥しがちな肌の人はいつもよりも念入りに保湿も行うようにすることがおすすめです。

妊娠中でも安心の黒ずみ対策

妊娠中でも安心の黒ずみ対策

産後には、自然に元の肌の色に戻るとわかっていても、出来ることなら黒ずみは最小限にとどめておきたい人が多いと思います。妊娠中でも安心して生活に取り入れられる黒ずみ対策をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

正しい洗い方

黒ずみの原因の多くが洗い方にあるようです。ほとんどの人が体を洗うときと同じ石鹸やボディソープを使ってゴシゴシ洗ってしまっているのではないでしょうか。同じ肌でも「顔」と「ボディ」は違う石鹸を使う人が多いですよね。デリケートゾーンは顔と同じかそれ以上に肌が薄く敏感です。その肌にあった石鹸と洗い方を取り入れてみましょう。

正しいショーツ選び

毎日お風呂に入って丁寧に洗っても黒ずみが消えない場合は、ショーツが原因になっているかもしれません。サイズのあわないショーツは必要以上の摩擦を起こして、黒ずみの原因となってしまいます。大きすぎても小さすぎても摩擦は起きやすくなりますので、身体にあったショーツを選びましょう。その時に肌に優しく通気性のよいものを選べばムレや痒みに悩まされることも減っていきますよ! 自宅で出来るまんこの黒ずみケアについて、詳しくはコチラも参照してみてください!

まんこの黒ずみに効果的なラヴージュの公式サイトはこちら
関連記事
PAGE TOP