まんこの黒ずみを防ぐハイジニーナ脱毛とは?
  • まんこの黒ずみや臭いの原因と正しい解消法
  • まんこの黒ずみをケアする専用の石鹸やクリームには本当に効果があるのか
  • あそこの臭いや黒ずみをケアする注目アイテム厳選口コミランキング!
  1. 陰毛処理や肌トラブルによるまんこの黒ずみを防ぐハイジニーナ脱毛のすすめ

アンダーヘアの間違った自己処理で黒いポツポツ

アンダーヘアの間違った自己処理で黒いポツポツ

アソコのトラブルに深く関わるもう1つの悩みが、アンダーヘア問題です。下着からはみ出る部分だけ剃ってる人、全部キレイに剃っている人、脱毛している人、もともと毛が薄く何もしていない人、などなどいろんな人がいると思います。

アンダーヘアを処理してる人の中にも、自分で剃る人もいれば脱毛サロンに通ってる人もいるでしょう。浅めのショーツを履いた時にはみ出る部分だけ剃るという人の中には自分でやってる人が多いかもしれません。

その自分で剃ってる人が抱えてる問題としてよく聞かれるのが、剃ってキレイにしたはずの範囲に発生する黒いポツポツです。これはつまり毛穴なんですが、前はこんなんじゃなかったのになんで?と自分で驚くほどこの範囲はだんだん広がっていき、ポツポツが増えていきますよね。このポツポツの原因としては、剃り続けることによって毛が太くなっていくこと、剃るという刺激による色素沈着、毛穴の黒ずみなどが考えられます。

アンダーヘアがムレや臭いの原因に

ポツポツを発生させないためには、アンダーヘアを一切いじらずに自然のままに放置しておくのがベストと言えますが、そうもいきません。水着やギリギリの下着や短パンなどが着られなくなるし、それ以前にアンダーヘアは蒸れや臭いの大きな原因となっているんです。

女性なら一度は経験があると思いますが、生理のときには血液が陰毛に絡まって巻き込み事故に発展したりもします。オリモノで同じことが起こることもありますよね。こういった血液やオリモノと一緒になって絡まった陰毛を洗いながらほぐそうとしているときに丸ごと抜けてしまった!なんてこともあります。そうでなくてもアンダーヘアはまんこを覆っているためどうしても臭いや雑菌を増殖させてしまうのです。

これを避けるためにはやはりアンダーヘアを適度に処理することが必要です。短めにカットしておくのも1つの手です。ただそれもやり方を間違えるとチクチクして痛かったり、ショーツの繊維の穴からはみ出てしまったりするのでテクニックが必要です。

一番のおすすめは「ハイジニーナ脱毛」

一番のおすすめは「ハイジニーナ脱毛」

そもそも海外ではVIO脱毛は衛生的にやるべきこととして、女性のほとんどが当然のように行っています。一方日本では、まんこの毛を剃ってるなんてもしかしてAVやってんの?そうでなくてもかなり経験豊富ってこと?といったイメージが長年なかなか抜け切れませんでしたが、近ごろ若い人たちの間ではVIO脱毛が少しずつ浸透している気がします。

ハイジニーナ脱毛とは、Vライン(ビキニライン)+Iライン(股の間)+Oライン(お尻の奥)というVIOのムダ毛をすべて処理することを指し、「衛生的」を意味するハイジーンという言葉がその由来だそうです。このハイジニーナ脱毛は、清潔+快適+おしゃれを実現する手段として日本でも実施している脱毛サロンが増えてきましたね。

でももともと毛で保護されているのにそれを取り除くと何か不都合があるんじゃ・・・という不安が私もありましたが、それで病気になりやすくなったといった報告は今のところ目にしていません。脱毛時の痛みや上記のようなパイパンに対する固定概念を除けば、むしろメリットしかない!という気がします。お手入れもグッと楽になりますし、衛生面を重視するならその名と通りハイジニーナ脱毛はある意味救世主かもしれませんね。

まんこの黒ずみに効果的なラヴージュの公式サイトはこちら
関連記事
PAGE TOP