まんこの黒ずみにワセリンは効くのか検証してみました!
  • まんこの黒ずみや臭いの原因と正しい解消法
  • まんこの黒ずみをケアする専用の石鹸やクリームには本当に効果があるのか
  • あそこの臭いや黒ずみをケアする注目アイテム厳選口コミランキング!
  1. まんこの黒ずみにワセリンは効くのか検証してみました!

まんこの黒ずみにワセリンは効くのか検証してみました!

乾燥肌の強い味方!ワセリンの特徴

ワセリン

乾燥肌の強い味方!ワセリンの特徴

ワセリンは、病院で処方されたり薬局やドラッグストアでリーズナブルな価格で購入できたりすることから、とても知名度の高い保湿剤ですが、その使い方を実はあまり知らないという人もいるのではないでしょうか。なんとなく適当に使っていてはワセリンのメリットが発揮されないこともあります。

ワセリンの成分

ワセリンは、石油から得る混合物を脱色して精製したものです。オーガニックが大好きな人の中には、この時点で驚かれる人もいるかと思いますが、医療現場でも使われるほど安全性の高いものです。

ワセリンの特徴

「保湿剤と言えばワセリン」と言う人もいるほど保湿力が高いことで知られていますが、あくまでも「乾燥することを防ぐ」ものです。保湿化粧水のように「失われている水分を補給する」という機能はありません。

おすすめの使い方

ワセリンを塗った部分は、空気にも触れず乾燥することもなく雑菌が入ることもあまりありません。その代わり、ワセリンを1度塗ってしまうと、その部分には後から化粧水をつけても保湿してくれる水分は肌に届きません。例えば、肌の乾燥が気になる人は、保湿化粧水でたっぷり潤わせてからワセリンでカバーすると、潤い成分が蒸発することなく肌に浸透していってくれます。

ワセリンを効果的な保湿剤として使うには、少量を伸ばして使うようにしてください。手に取るとベタベタした質感だと思いますが、そのベタベタを感じなくなるまで薄くのばすくらいでちょうどよいでしょう。

デリケートゾーンには優しく塗りましょう

デリケートゾーンの乾燥対策にワセリンが使える!と話題になっていますが、いくつか気をつけて試してみたほうが良いでしょう。

まず、ワセリンといっても濃度が異なりますので、自分が敏感肌だと思う人は濃度の低いものを試してみましょう。また、「べたつく質感」が苦手な人には向いていない商品だと思っておいたほうがいいかもしれません。

このべたつきを感じないくらいに、薄くのばして使うとちょうどいいのですが、初めて使うときは多めに手にとってしまいがちです。手にとってデリケートゾーンに塗る前に、まずは肌の薄い二の腕や太ももあたりに薄く塗ってみてください。驚くほど少量でかなり広い面積がカバーされますよね。この状態で痒みはないか数時間塗った状態で様子を見てから使ってみるほうが安心です。

ワセリンでは効果は無し!

ワセリンでは効果は無し!

ワセリンはあくまで保湿剤ですので、まんこの黒ずみを解消してくれるものではありません。

デリケートゾーンの黒ずみの悩みには、やはりデリケートゾーン専用の石鹸で丁寧に優しく洗った後、デリケートゾーンをしっかり保湿できるタイプの化粧水やジェルなどで美白や保湿をしっかり行う対策がおすすめです。

ここまでしても乾燥が気になる人は、ケアの最後に薄くワセリンを塗ってカバーするといいでしょう。このときのワセリンの役割は、化粧水などを肌に浸透させるラップのようなものだと考えるとちょうどいいと思います。

ただ、あくまでも特別に乾燥している時につかうアイテムであって、毎日使うものではないと思ってください。毎日ワセリンに頼ってしまうと、肌が本来持っている保湿力を発揮できなくなっていき、悪循環に陥ってしまいます。

まんこの黒ずみに効果的なラヴージュの公式サイトはこちら
関連記事
PAGE TOP